ぷっち王子のお散歩日記

puccio2.exblog.jp
ブログトップ

全く違う診断。

                        四時過ぎに薬を飲ませた後、暫くして震えも止まり

                                  抱っこしようとしたら

                              ものすごい悲鳴をあげました。

                                尋常じゃない痛がり方…

                     朝行った病院は午前で終わりの為、セカンドオピニオン的な

                              獣医さんへ連れて行きました。


  


                   そこでの診断は 癲癇発作は1時間以上続くものではないという事

                         抱き上げた時に痛がるのは神経的な痛みが原因

                            触診で背骨あたりを触ると痛がる反応が…


                                椎間板ヘルニアの疑いで


                                   X-ray撮影

                                     結果は


                          腰の辺りの3本の骨が狭窄している事が判明


                       神経の状態まできちんと調べるならMRIの必要性もあり

                       


                              全く違う診断に戸惑ってしまう


                           鎮痛剤の注射をして様子を見る事になる




                            でもそのX-rayで思わぬ病気も発覚

                                肝臓の状態が良くない事

                            肝臓肥大がみられ精密検査の必要性

                            肝臓からでる血管が細くてこれも問題

                    超音波検査・食前・食後2・5時間後の血液検査の必要性を言われる


                              そして 門脈シャントの疑いが大



                                    ショック…





ぽちっと。お願いします。
      ↓
 にほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
 にほんブログ村
[PR]
by pucci-o2 | 2012-10-07 20:34 | 病気

ぷっちとその家族と素敵な仲間たち


by ぷっちママ。